Almac ONE™

ダウンロードはこちらから

常に変化し続ける環境のなか、治験薬の供給管理は、ますます複雑化しています。被験者需要や登録方法がそれぞれ異なる場合、治験は一貫性を欠いた高コストなものになり、重要なマイルストーンの達成に失敗するケースも多く見られます。こうした状況において、治験薬のデジタルサプライチェーンと物理的なサプライチェーンを統合するためには、さまざまな課題を乗り越える必要があるといえるでしょう。複数のベンダーを個別に管理している場合、治験データは整合性を欠き、より複雑になるため、治験依頼者にとってはリスク、業務時間、コストの増加につながります。

Almacの包括的ソリューションは物流とデジタルネットワークを統合するとともに、治験薬のサプライチェーン業務を改善し、迅速なエンドツーエンドプロセスを実現します。これにより、治験のライフサイクルを通じて、サプライチェーンの可視化とデータ精度の向上を支援します。

幅広い分野の知見と、IRT(IXRS®)、ERP(COSMOS)、温度管理(TempEZ™)、在庫予測(SupplyWise™)をはじめとするAlmac独自の先進技術の融合。このグローバルテクノロジープラットフォームでは、当社の知見を結集し、妥当性を予め確認した被験者データを安全かつ正確に収集し、治験依頼者が直面する課題の解決に向けたソリューションの開発を推進します。これにより、治験の円滑な運営とデータの総合的な分析を支援し、最適かつ効率的な治験薬供給を実現します。

治験薬サプライチェーンの統合によるメリット:

  • データの品質および整合性の向上
  • リアルタイムでのデータ解析
  • 専門のコンサルタント
  • 365 日24 時間対応のテクニカルサポート
  • 被験者データの妥当性を予め確認
  • 治験薬管理の負担を軽減
  • サプライチェーンの可視化および柔軟な管理
  • GDPコンプライアンスの向上