製品ポートフォリオ

自社の診断パイプライン

  • 予測
  • 予後

画期的なステージII/III大腸癌診断用バイオマーカー

多重遺伝子発現の実例となるこのバイオマーカーは、634種類のプローブセットを備え、癌の再発や関連死の高いリスクに晒されている患者の同定を可能にします。

DNA損傷剤の予測アッセイ

当社が開発した遺伝子発現アッセイは、アントラサイクリンやシクロホスファミドなどのDNA損傷剤、PARP阻害剤や免疫腫瘍剤などの新規DNA損傷治療薬による治療後の転帰予測を可能にします。

抗血管新生剤の予測アッセイ

強力な遺伝子発現バイオマーカーを同定し、バリデーションを実施しています。このバイオマーカーは、化学療法による標準治療後、抗血管新生剤の効果が期待できる患者の分子的サブグループを同定します。

前立腺癌の予後アッセイ

当社が同定した予後遺伝子発現バイオマーカーにより、前立腺癌患者の転移性疾患の有無を予め同定できます。

EMT標的剤の予測アッセイ

当社が開発した遺伝子発現バイオマーカーは、さまざまな疾患における上皮間葉転移 (ETM) 標的剤への反応を予測できます。標的剤の適応疾患は、ETM経路異常の影響を受ける可能性があります。

関連リソース