次世代の温度管理

生物学的製剤やバイオシミラーの開発増加に伴い、医薬品のサプライチェーンマネジメントにはより確実なソリューションが必要とされています。日本のお客様が直面する温度管理の問題に対応するため、Almacは規制環境にあわせたソリューションを開発しました。サプライチェーン内のすべてのステークホルダーから取得した温度データを可視化することで、製造から投与までの品質と整合性を確認することが可能です。

すべての温度データを一箇所に With you for the journey™.

TempEZ™

TempEZ™は、製造から被験者への投与に至るすべての段階において、保管温度を一括して閲覧できるデータベースです。GXPとGDPの順守状況を確認するプラットフォームとしてもご活用いただけます。

TempEZ™では、各種のモニター機器から温度データがアップロード可能です。治験薬または市販用製剤のサプライチェーンに携わるすべてのステークホルダーが温度モニターのデータをアップロードでき、製品の各ロットまたはシリアル単位で想定内外の温度逸脱を記録する目的にもお使いいただけます。

温度管理

  • 輸送中または治験実施施設での温度逸脱を監視
  • 輸送品の規制遵守状況を管理
  • 治験実施施設での規制遵守状況を管理
  • 包括的なGDPモニタリング

温度モニター

Almacは、お客様にとって最適なソリューションを長年にわたり追求してきた経験に基づき、治験薬や市販用製剤のニーズに適した温度モニターの導入について助言を行っています。製造から被験者への投与に至るまで、製品サプライチェーンの全行程を可視化し把握可能な状態にすることが、Almacの目標です。このためAlmacの次世代モニターTempEZ™は、iTag4や市販のモニター機器と組みあわせてお使いいただけます。同システムにより、製品や輸送品の温度データを各種のモニター機器から取得し、一元的に管理することが可能となります。

Almac Pod™

Almacは、グローバル規模の治験を実施するにあたり高い信頼性と確実性を求めるお客様に向けて、それぞれのニーズにあわせた革新的なソリューションを提供しています。独自のGDPガイドラインに加え、最新技術を搭載した温度管理ソリューションAlmac Pod™を用いて、生物学的薬剤や取り扱いが難しい製剤を含む輸送品が規定温度範囲から逸脱しないよう監視し、最適な形で配送します。

関連リソース